講師認定試験

あなたもボタニカルクイリング・ジャパンの認定講師として活躍してみませんか?


2018年4月10日より試験の内容と費用の一部が変更となりました。以前にお申し込みの方は課題制作要件に関しまして特に変更ございません。評価基準の変更に関しましては別途ご案内をお送りさせていただいております。



ボタニカルクイリング・ジャパンク講師認定試験(概要)

 

【受験資格】

・ 18歳以上の日本国内居住者でクイリングアドバンスドコースを3年以内に修了した方(通学・通信は問いません)
・ eメールでの連絡が可能な方(認定後、各種ご連絡をeメールにて行います)

【試験課題】受験者自身のデザインによるリース作品 *制作要件あり

【審査内容】主に基礎技術と植物の写実性に関して審査を行います。必要に応じて色彩、レイアウトに関してもアドバイスします。

【課題提出】郵送・宅配便による作品現物提出

【提出期限】申し込みより1年間  *延長(1年間)は2回まで可(要延長手数料10,000円+税)
【お申込み】教室受講生は講師にお申し込み下さい。通信講座受講生はこちらよりお申し込み下さい。 

>>詳しい試験の流れ

【お申込時の費用】

・試験料 38,000 円+ 税(審査料・スクーリング参加費込み)
・課題作品用額代 2,300 円(送料込み)
 *課題再提出の場合の
再審査料:3,000円+税

【合格後の費用】

・インストラクター登録料 10,000 円+ 税
・BQJ 年会費 5,000 円+ 税

【スクーリング】

課題作品の合格者はスクーリング(1日間)に参加いただき、講師認定されます。スクーリングは原則直近の開催日にご参加いただきますが、ご都合がつかない場合は次回以降をご案内します。ただし、認定試験合格より2 年以内の参加を期限とします。

▶スクーリングの日程と課題提出締め切りスケジュール

 

▶スクーリング参加申し込みはこちら

資格認定証
IBQ(Instructor of Botanical quilling)


BQJでは講師活動をサポートしています


FAQ

どうすれば認定講師になれますか?
クイリングスタンダードとクイリングアドバンスドを修了することで、講師認定試験を受験いただくことができます。講師認定試験はご自分でデザインした作品をご提出頂く作品審査です。この作品審査に合格すると、スクーリングに参加し、講師認定を受けます。

 

試験作品は何を作ればよいのでしょうか?
規程のサイズで、植物をモチーフとしたオリジナル作品を制作いただきます。モチーフや使用するシェイプに関しては別途規程があります。

オリジナル作品を作ったことがありません。
オリジナル作品の制作では作品の構想、植物の観察、ラフ画や試作といった準備が大切です。また、植物に興味を持つこと、クイリング作品やその他のアート作品をたくさん見ることをお勧めします。デザインの基本を学ぶために、試験対策としてデザインワークコースの受講もお勧めいたします。

通信講座でクイリングを学んだので相談する人がいません
本部講師が作品ラフ画(作品構想の簡単な絵図)へアドバイスを提供していますのでご活用下さい。*eメールで受付
お近くの認定教室で課題制作のサポートができる場合も場合もあります。教室に直接お問い合わせ頂くか事務局までお問い合わせ下さい。

 

講師活動をする予定はありませんが試験を受験できますか
講師活動のご予定が無い方も試験を受験頂けます。

試験では何を評価されますか?
試験作品は、主に基礎技術と植物の写実性に関して審査を行います。必要に応じて色彩、レイアウトに関してもアドバイスします。評価は複数の審査委員にて実施されます。

合格率はどのくらいですか?
合格率は公開していませんが、多くの場合、1回以上の再提出を経て合格されています。再提出の際は作品講評を付けてお戻ししますので、これを参考に作品に磨きをかけて提出して下さい。

スクーリングとは何ですか?
作品試験合格者にご参加頂く1日講座です。基本シェイプの確認、ワークショップの組み立て、教室の開講・運営などに関して講義を行い、最後に講師認定証を授与いたします。講師認定の最終課程であり出席は必須です。

合格後の費用を教えて下さい。

・インストラクター登録料 10,000 円+ 税
・BQJ 年会費 5,000 円+ 税(年額)
その他、自由参加のイベント出展などには別途費用がかかる場合があります。
(展覧会・販売イベント等)